Technology from tomorrow

Outstanding Services ServicesServices

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Well Documented

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Simple To Use

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

High Performance

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Technology from tomorrow

Outstanding Features FeaturesFeatures

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Business Growth

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Business Sustainability

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Business Performance

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Business Organization

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Dedicated Teams

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

24X7 support

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

足の疲労骨折

今回は足におこる疲労骨折について説明します。

医学的には中足骨とよばれる「足の甲」が疲労骨折が起こりやすい場所と言われています。他に疲労骨折が多い場所は内くるぶしです。

3週間程度同じ部分の痛みが続いているときは疲労骨折を疑いますので、病院受診をお勧めします。

なぜ疲労骨折になってしまうのかというと、骨というのは「骨が吸収されて骨が作り直される(形成)」ことを常に繰り返すことで本来ある骨の形を維持しています。

それが高い強度の運動を過度に続けることにより、骨が吸収される量が形成される量より上回ってしまいます。

まず小さな骨折が起こってしまい、さらに放っておくとレントゲンでもはっきりわかるような骨折となります。

女性が男性よりリスクが高いと言われますが、ダイエットや月経によってホルモンバランスが崩れてしまって骨密度が低下し疲労骨折を起こしやすくするためです。

治療

運動量が多すぎることにより骨の吸収と骨の形成が追いつかないことが原因ですので、まずは痛い部分を安静にさせることで骨がしっかり形成するのを助けます。

治りやすい疲労骨折として挙げられるのが、足の甲(中足骨)の骨折で、だいたい4~8週間程度で治ります。

他に治りやすい疲労骨折の場所は、かかとの部分の骨折です。

逆に治りにくい骨折の場所には内くるぶしや、足の甲でも舟状骨と呼ばれる足首に近い骨や、小趾側の中足骨(第5中足骨)です。

第5中足骨の根元に起こる骨折はJones骨折と言われおり、舟状骨や内くるぶしの疲労骨折とともに治りがよくないため手術となる場合もあります。

手術をしない治療法として、以前から低周波超音波が使用されていますが、それが正しいかの結論は出ていません。

また、近年よく使用されるようになってきているのは体外衝撃波です。

疲労骨折の治療に効果があるという報告がでてきています。

リハビリ

患部に負荷をかけない期間は、コアや臀部の筋力トレーニングを積極的に行います。

それらが弱いと足の疲労骨折のリスクが高くなると言われています。

筋持久力を衰えさせないためには、水泳やエアロバイクで患部に負担をかけずに運動することがリハビリになります。

4週程度経過し疲労骨折が治ると徐々に復帰していくのですが、初めは芝など地面が柔らかい地面(サーフェス)で走ることから始めましょう。

いきなりコンクリートやアスファルトで走ることはやめてくださいね。

予防

中足骨や舟状骨の疲労骨折の患者さんにはインソールを使用します。

市販で入手できるインソールもありますが、可能ならカスタムメイドで作成したものを使用することをお勧めします。

さらにはコアや臀部の筋力トレーニングを行なって足への負担を減らすことが大事です。

またしっかり栄養を摂取することも大事です。

特に女性の選手は栄養が不足しないよう注意しましょう。

カルシウムやビタミンDを積極的に摂取して、もし足りないようであればサプリメントを摂取することで予防につながると思います。

最後にしっかり睡眠をとり休むことを忘れないでくださいね。これらが疲労骨折の予防に繋がります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

シンスプリント(スネの痛み)

シンスプリントとは?

シンスプリントを発症する人はランナーに多く、15~20%が受傷すると言われています。

医学的にはシンスプリントはMTSS(Medial Tibial Stress Syndrome)と言われます。

基本的にoveruse(走り過ぎ)が原因となり、疲労骨折にも繋がることもあります。

痛くなる場所が大事であり、スネの内側の後方の下半分にかけて症状出ることが多いです。

逆にスネの中央部で前側がずっと痛い場合は、疲労骨折の可能性もあるため病院受診をお勧めします。

メカニズム

特に練習の負荷が増える時が起こりやすいです。

学校の部活動で例えるならば1年生が入学した時、テスト明けの練習、練習強度が上がった時などに多くなります。

他には足の形が扁平足気味の人、足関節や股関節が硬い人に多く、また疲労骨折にも繋がるため女子に多いと言われています。

治療

手術を要することは少なく、リハビリとインソールや靴の調整が治療となります。

運動時のみに痛みが出現するシンスプリントの場合は運動継続を許可しますが、安静時の痛みがある場合は2週間ほどランニングやジャンプを中止し患部を安静にします。

痛みが3週間続くようであれば疲労骨折を疑います。

病院を受診し疲労骨折の診断がつけば、2ヶ月~3ヶ月の患部を安静にする期間が必要となります。

そのため痛みが3週間続くようであれば病院を受診し疲労骨折の有無を早めに評価しましょう。

復帰の目安は、安静後に患部側の足でジャンプを行い、痛みがなければジョギングから開始します。

よければ次にスピードを上げたランニング、さらにスピードを上げた加速走、ダッシュのように段階的に強度を上げて、痛みが無ければ競技への復帰を行います。

痛みが消失したからといって始めから運動強度の高いダッシュ、または競技復帰を行うことはシンスプリントが再燃する可能性が高いため避けるようにしましょう。

患部を安静にする期間には、足関節、股関節の柔軟性を上げるためにストレッチです。

体幹筋やお尻の筋肉の強化などのトレーニングも行いましょう。

また靴に関して言えば、クッション性の高い靴や踵(ヒール)の部分がしっかりした運動靴を履きましょう。

また足の形が扁平の人にはアーチをサポートするためにインソールを作成してもらった方が良いでしょう。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

半月板損傷について

今回は膝の半月板について説明したいと思います。

半月板って何?

半月板とは膝関節を構成する大腿の骨と脛の間にあるC型をした線維軟骨で内側・外側にそれぞれあり、主にクッションの役割をはたしています。

スポーツでの接触やターン動作で半月板を損傷することが多いです。

症状としては、膝が腫れたり、膝を深く曲げた時に痛みが出現したり、膝の中で何かが引っかかるような症状がでたり、”ロッキング”と言われる膝を伸ばすことできないがある角度から伸ばすことができるようになるなどがあります。

日本人の約3%には”円板状上半月板”という、半月板が生まれつき大きい人がいて、その人たちは半月板を損傷しやすいと言われています。

診断をはっきりさせるためにはMRI検査を行いますが、超音波検査でも半月板損傷の診断ができるという研究もでてきています。上記の症状が出現した場合は整形外科でもスポーツを専門としている病院受診してください。

治療は?

半月板というのは自然治癒が起こりにくい組織で手術となることが多いです。

プレイ中に膝の中で引っかかりがある場合や、膝の痛みでプレイに支障がある場合は手術での治療を考慮します。

手術には損傷した部分を一部切除する①「部分切除術」と、損傷した部分を縫合する②「修復術」というのがあり、どちらの手術にもメリットでデメリットがあります。

  1. 部分切除術

「部分切除術」は術後1~2ヶ月程度で試合への復帰となり早期復帰が可能なことが特徴です。

しかし半月板の量が減ることで軟骨に負荷がかかりやすくなり、長期的には軟骨がすり減り変形性関節症になりやすいと言われてます。

短期で見ると復帰が早く良いのですが、長い目で見ると良くない点もあります。

  1. 修復術

長期的な視点で考えると可能な限り修復術(縫合術ともいいます)を推奨します。

ただし縫合をするためには、半月板の断裂の状態が治癒力を持った状態でないとできません。

受傷して比較的早期であれば治癒力が残っている場合が多いです。

また半月板の辺縁(外側)で損傷しているときは治りやすいと言われています。

そういった場合は、半月板の縫合を積極的に行います。

ただし、試合への復帰は時間が長くかかります。復帰までの期間は術後4~5ヶ月程度かかると言われています

リハビリは?

半月板損傷を起こすと、痛みや腫れで膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の力が入りづらくなります。

股関節、体幹のトレーニングをもちろん行いますが、特に行うべきはこの大腿四頭筋の筋力を戻すことです。

半月板損傷からの期間が長ければ長いほど、この筋肉の衰えである廃用が進むため「大腿四頭筋のセッティング」や「踵上げ」といったトレーニングを行っていきます。

半月板を縫合した場合は、縫合した部分を守るために術後6週ほど体重をかけることを制限します。

術後1.5ヶ月~2ヶ月程度で松葉杖を使用せず歩行が可能となるため、下肢に対してトレーニングを行っていきます。

術後3~4か月で練習に参加できるようになり、試合に復帰できるのが4~5か月程度となっています。

半月板切除術の場合は、特に制限を設けませんので1~2ヶ月程度で試合復帰まで進むことが多いですが、長期的には変形性膝関節症へ進展するリスクがあります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

We work in partnership with all the major technology solutions

There are many variations of passages of lorem Ipsum available, but the majority