Technology from tomorrow

Outstanding Services ServicesServices

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Well Documented

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Simple To Use

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

High Performance

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Technology from tomorrow

Outstanding Features FeaturesFeatures

Lorem Ipsum is simply dummy of printing and typesetting and industry. Lorem Ipsum been.

Business Growth

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Business Sustainability

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Business Performance

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Business Organization

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

Dedicated Teams

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

24X7 support

Many variations of at Lorem Ipsum but the majority have suffered. Lorem Ipsum the majority suffered.

膝の内側側副靱帯損傷

今回も膝のケガについてです。

膝を構成している靭帯の1つである内側側副靱帯(MCL)は、アスリートにとって非常に多い膝の外傷と言われています。

MCL損傷はその約8%を占めており、前十字靭帯(ACL)の損傷と合併することがあります。

メカニズムとしては相手と接触した時や、方向転換の際に膝が内側に入るような動作「外反」という動作で受傷することが多いです。

ACL損傷に比べ受傷後の腫れは強くないですが、膝の内側を痛がることが多です。

診断にはMRIやエコーが使用され、そして損傷の程度を評価し治療方針を決めて行きます。

治療とリハビリ

MCLは血流がよい靭帯のため、手術を行わず自然治癒する場合が多いです。

以前までは装具で膝を3週間固定し体重をかけないように治療するのが一般的でした。

現在はスポーツに精通したスタッフ、ドクターや理学療法士などが管理のもとに最初から少しずつ負荷をかけていきます。

痛みと腫れが落ち着いたら受傷後早期(48時間後以降)から膝を曲げ伸ばしする練習を始めます。

また膝を伸展させる筋肉である大腿四頭筋に力が入っていれば、体重をかけて歩きます。

膝の外反を防止する装具を装着しながらリハビリを行うことが多いです(テーピングでもOKです)。

体重をかけての歩行ができればジョグへすすめ、ジョグがOKならスプリントへ進めます。

スプリントができればピボットやカッティング動作をやって、練習に復帰していきます。

練習でも問題なければゲーム再開となります。

週ごとに少しずつ負荷を増やしていくのがポイントです。

参考までにアメリカの研究では試合復帰までに必要とする日数として下記があります。

軽症:10日程度(1~2週間)

中等症:20日程度(3週程度)

重症:ACL損傷の合併があれば手術ですが、ACL損傷の合併がなければまず2ヶ月間リハビリを行い、それでも靭帯損傷による関節の緩さ、痛みが出現するようなら手術となります。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

前十字靭帯損傷

今回は前十字靭帯損傷についてです。

膝を支える靭帯の1つに前十字靭帯(ACL)があります。

ACL損傷は頻度の多い外傷で、なおかつ復帰にも時間がかかる厄介なケガの1つです。

アメリカでは年間約20万人が受傷すると言われており、女性が男性に比べ3倍多く受傷するそうです。特に高校生の年齢に多いと言われています。

スポーツ中に膝を捻ってしまい、膝がずれた感覚があったり、膝の中で断裂したような音(ポップ音)がしたり、または捻った後に膝がすごく腫れたりするとACL損傷を強く疑います。

正確な診断を行うためにMRI検査でACL損傷を判断します。

またその他にも合併症として内側側副靱帯や半月板の損傷が同時に発生することが多いです。20~40%の確率でそれらを合併すると言われております。

治療

大きく分けて手術療法と手術をしない(保存療法)に分けられます。

手術については、トップアスリートであれば手術を早く行うべきだと言われています。

というのも保存療法でバスケを続けると、膝がズレるような症状である「膝くずれ」が起こりやすくなります。

この「膝くずれ」を繰り返し起こすと膝を構成する半月板や軟骨を痛めてしまうためトップアスリートに関しては早めに手術をすることを推奨されています。

トップアスリートとまでは言わず、レクリエーションのように楽しんでいる方では手術をしないでリバビリを中心とした保存療法も選択肢の1つです。

痛みと腫れは1ヵ月もすればよくなり日常生活での支障はなくなります。

直線的な動作はできるようになりますが、リハビリをやっても方向を転換するような動作で「膝くずれ」を起すようであれば、手術にてACLを作りなおすというのをお勧めします。

リハビリ

手術を受ける・受けないに関わらずリハビリがとても大事です。

手術をした場合、術後6~8ヶ月でバスケットボールに復帰と以前は言われていましたが、作り直した靱帯が9ヶ月かけて自分のものになった頃に復帰することが最近では推奨されています。

ランニング開始する術後3~4ヶ月程度、練習に部分的に参加するのが6~8ヶ月ぐらい、試合への復帰が9ヶ月程度と推奨されています。

予防

体の使い方を向上させることで安定した動作ができるようになるため、それが予防につながります。

股関節周囲や体幹の強くすることが必要です。またランジと呼ばれる動作においてつま先と膝が一直線になるような動きを獲得することが予防につながります。

他にも多くのトレーニング方法がありますが、サッカーで導入されているFIFA11+や女子ラグビーで導入されているSKIPなどのプログラムが参考になります。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

成長期の膝の痛み(オスグッド病)

オスグッド病は8歳~15歳の年齢に起こりやすく「成長痛」と思って受診したらオスグッド病という診断名がつくことが頻繁にあります。

女子よりも男子に多いことや、両側の膝に起こりやすいというのが特徴です。

受傷メカニズム

痛みがでる場所の脛骨粗面という部分には、膝蓋腱(しつがいけん)が付着しています。

膝を伸ばす筋肉である大腿四頭筋の収縮によって膝蓋腱が牽引され、さらにその付着部である脛骨粗面が引っ張られて”骨端症(軟骨が損傷すること)”という状態になります。

太ももの前方の筋肉である大腿四頭筋や、後方に位置するハムストリングの筋肉が硬いと症状が出やすいです。

特徴的なのは、脛骨粗面が飛び出てきたように見えることや、膝立ちすると脛骨粗面が当たって痛いという訴えです。あります(脛骨粗面のレントゲン図)。

治療

手術になることは少なくリハビリが治療の中心になります。

大腿四頭筋やハムストリングの筋肉が硬いと起こりやすいため、ストレッチが中心の治療となります。

ジャンパー膝(膝蓋腱症)に比べて治りやすく、成長し大人の骨になればほとんどの場合で痛みが良くなります。

ただし10%の人に大人の骨になっても痛みが残っている人います。

そういった場合は手術で突出した骨を切除するということが必要になることがあります。

また膝蓋腱に装具をつけるという方法もありますが、必ず痛みが消失するわけではありません。

超音波で患部をみながら注射をすると痛みがよくなったという報告があるので、注射が大丈夫な人には積極的に使ってます。

もちろん十分なストレッチを併用して行うことが必要不可欠です。。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

We work in partnership with all the major technology solutions

There are many variations of passages of lorem Ipsum available, but the majority